スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月6日のふかしイモ

今日は昨日ふかした芋を職場のお店に持っていったところ好評だったので気をよくしてまた、作ることにした。
イモをまず水洗いし、まな板に並べたところである。物差しは30cmでほぼその長さの大きなイモもある。しかし、このイモを解体するのに苦労した。我が家の包丁は2週間ほど前、研いだところだがなかなか歯がたたず、豪快にイモの真ん中に包丁を突き立て、金槌でトントンと何度かたたき、イモのほぼ半分ほど中に入ったところで一気に右へ切り目を入れ、何とか解体の目処がついた。その後、その他のイモも食べごろにきった。食べころにきりきざんだところで次のステップに移る。dc100601.jpg


大きなボールに塩水をひたしその中にイモを放り込み1時間30分浸ける。
いよいよふかすわけですが、私はとにかくせっかちなので、圧力釜でふかすことにした。
釜の中に金属製のすのこを入れ、塩水を浸し、すのこの上に、イモを詰め、蓋する前にさらにイモの上からパラパラと塩をふる。この世のご婦人方はなぜかこの便利な圧力釜を余り利用したがらない。慣れるとこんなに使い勝手が良く便利な調理器具はない。私の女房も怖いと言って絶対さわらない。
蓋をしっかり閉め火をつける。蓋の上の釣り鐘みたいのが蒸気をはきながらクルクルと回転しはじめてから、イモのいいにおいがする7分後に、火を止める。蓋をしたまま、むらし、6分後に釣り鐘から圧力を放出し、蓋をあける。 
写真のような美味しそうなふかし芋。私は余り食べないが明日、職場に持っていってみんなの感想を早く知りたい。
その前に試食→ほくほくして非常にうまい。最高
ふかし芋

スポンサーサイト
プロフィール

mukkunana

Author:mukkunana
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ああああ ああああ